爪が割れても綺麗に伸ばす

爪が割れてしまう原因や対策、色々お話ししていますが、
爪はラッキーなことに生え変わるものですから、大丈夫です。
爪が割れても、綺麗に伸ばしてあげましょう。

対策も色々お話ししましたが、
遺伝子で作られた爪質を変えることはできません。
でも、ケア(お手入れ)や、カバー(保護)することはできます。
どうしても爪が割れてしまう場合には、爪を補強します。

ただし、この爪補強には条件があります。
それは「爪を傷めない」ことです。

爪は死んだ細胞(爪根元部分は生きています)ですので、
指から出ている爪端(フリーエッジ)を削っても痛くはありません。
しかし爪の表面を削ると、爪は薄くなります。
薄くなると脆く割れやすくなります。


実は、私の爪も“元々割れやすい爪”です。

ネイルの仕事をするまでは爪は伸びないものだと思っていました。
自分がそうなので、そんなものだと思っていたんですね。
時々、爪を綺麗に伸ばしている女性を見ると、伸びる体質の人もいるんだ程度の感覚。
自分のすぐ割れてしまう爪が“普通の爪”だと思っていたのです。

その後、ネイルという職業に出会って初めて、私はネイルケアを体験します。
ベースコートを塗り、マニキュア(カラーポリッシュ)を二度塗り、
仕上げにトップコートを塗ってと、これを繰り返していました。
そうすると、今まで伸びたことのない爪がきれいに伸びたのです。

・・・しかし喜んだのもつかの間、
その後、スカルプチャーやジェルネイルを自分の爪にも施すようになると、
爪の状況は一変。
すっかり以前の割れやすい爪以上の“超ボロボロ状態”になってしまいました。

しかし、職業上いつも爪を綺麗にしていなければいけないため、
当時は、ボロボロの爪を隠すためにジェルネイルをしていました。
(スカルプは体質的に全くだめでした)
お客様の前では綺麗な爪でいなければいけない職業なのでそれは必死でした。

その数年後、私はジェルネイルアレルギーになります。
手がかゆくて水泡ができて、皮膚科に行っても治らず、
要はジェルネイルを使用しているうちは、
何をしてもだめ。毎日毎晩かゆみが辛い日々。

お客様にもアレルギー症状が出ても、
お客様の爪がジェルネイルを繰り返すうちに傷んできても、
ジェルネイルの影響であることを話してはいけないとされていました。
大好きな仕事に、段々疑問が沸いてきたのもその頃です。


爪を綺麗にして差し上げる職業に就いたのに

なぜ、お客様の爪が傷んでいくのを見なければいけないのか・・・

その疑問が払拭されることはありませんでした。


なにかが違うぞ、と。
私がただ単に、この職業に合わないだけなのか?
なぜ、お客様に嘘をつかなければいけないのか?
どうして正直に、このままでは爪が傷んでしまいますよ、と説明してはいけないのか?
第一、爪がこんな状態になるものを使っていいのだろうか?
なぜ?なぜ?の連続。自問自答の悶々とした時代。


スカルプやジェルネイルで爪が傷んだというお話は、現在もよく耳にします。
実際、解決策を得たいお客様は、私のネイルサロンへご来店されます。
その際、お話を伺いますと、
「爪が傷んだら、ジェルネイルはお休みをしたほうがいい」と
お店の方にアドバイスされるそうです。

お休みをしなければいけないほど、爪が傷むものを
私は人に勧めることはできません。
なぜならば、人一倍爪がトラブルことの大変さを知っているからです。

なので声を大にして言えることは、
「元々弱い爪に、負担のかかる施術をしてはいけない」
ということです。
初めからお休みをしなければいけない時期が来ることがわかっているのであれば、
ネイルチェックを行ったあと、カウンセリングの時点(施術前)で、
説明をして差し上げるのが宜しいと思いますね。


本来の爪補強は、爪を保護するためにあります。
爪は本当に様々な形や爪質をしていますが、
大抵は自分で思っている以上に綺麗です。

爪にコンプレックスをお持ちのみなさまは、
疑問に思われるかもしれませんが、
ただ知らないだけのケースが殆どです。

サロンへお越しのお客様は、これが本当に私の爪?と驚かれる方が後を絶ちません。
それは、“爪補強で綺麗にした” わけではないのです。

元々のご自身の爪が綺麗なのを、まだ見たことがなかっただけなのです。