マニキュアで爪は薄くなる?

爪が薄いことで折れてしまう爪を見るのは悲しいものですね。
それにしてもどうしてこんなに爪が薄いんだろう・・と
ふと考えてみたときに、
「マニキュア(カラーポリッシュ)のせいかも?」と思う方も
いらっしゃるかもしれませんね。

果たして、マニキュアは爪を薄くしているのでしょうか?
爪は、以前もお話ししましたが『死んだ細胞』で、
爪根から押し出され遠位部へ伸びてきます。
なので、爪先端部を削っても痛みがなく、
マニキュア等も塗ることができます。


簡略していますが、爪の構造の解説写真です。



爪は、爪の母と書く爪母(ネイルマトリクス)で作られています。
指の第一関節の近位部に存在しています。
※心臓に近い方を近位部、遠い方を遠位部と呼びます。

爪半月(ルヌーラ又はハーフムーン)は、
字の通りお月様みたいです。
爪半月は、爪母の一部が見えているのです。
この部分は爪母遠位部の領域で、要するに爪の作られているところで生きています。
色は、水分含量が多いため乳白色に見えると言われています。
細胞の形が楕円形に存在している爪母の一部が爪半月なんですね。

“爪が死んでいる細胞”というのは、
爪甲から爪甲遊離縁の部分になります。
爪甲は爪床(爪の下の皮膚)にくっついて支えられていますが、
やがて爪床から離れ爪甲遊離縁となります。
そのため爪甲遊離縁は、爪の中で最も古く
尚且つ水分提供者である爪床からも独立しており
大変乾燥しやすく脆い部分でもあります。

さてそこでやっと、マニキュアを塗ると爪が薄くなるか?についてですが、
マニキュアを塗ったからといって、爪が薄くなること(傷むこと)はありません。

逆に、爪は素のままでいるよりは、下地(ベースコート)を塗り、
マニキュアを塗り、上塗り(トップコート)を塗ってあげたほうが
様々な生活習慣の中の刺激から爪を守ってあげることができます。
お肌のファンデーションを想像すると良いと思います。
素爪で作業をするということは、素肌を紫外線や埃の中にさらしているようなものです。
トラブルが起きやすい環境であることを想像していただけるでしょうか。

大切なのは、“除光液(リムーバー)の使用頻度”と“塗り方”です。
マニキュアが爪に悪いと思い込み、毎日除光液で
マニキュアを落としたほうがいいと思っている方は要注意です。
除光液は週に一度程度の使用が適当で、あまり頻繁に使用すると、
爪表面の水分が失われ乾燥しやすくなり変形変色の原因となる場合があります。
乾燥すると縦線ができやすくなり
爪が割れやすくなる原因にもなります。

できるだけ丁寧にマニキュアを塗り1週間はカラーを持たせて、
除光液を使った後は、流水で手や爪をよく洗います。

マニキュアを長持ちさせる塗り方は、
爪表面だけではなく、ネイルエッジをしっかり塗ることです。
マニキュアが剥がれてくるのはネイルエッジからです。
ベースコートもトップコートも必ず塗るようにしましょう。