爪が弱い人の対策~爪を補強する~

元々爪が弱い場合は、ネイルケアだけではカバーできません。
爪が弱い場合の対策として、
爪に負担のかからない爪補強が必要です。

爪が弱くても生活に支障がないのであれば問題はありません。
支障がある場合は、爪を補強することで、
爪がしっかり強く硬くなりますので、
生活作業の中で爪がいちいち気にならなくなります。

元々爪が弱い方、
なんらかの外因で爪が弱っている方

この場合、ネイルをしないほうが良いイメージがあるようですが、
元々爪が弱い方も
なんらかの外因で爪が弱っている場合も
放置していて改善されることはありません。

ネイルケアを行っても改善されない場合は
ネイルケア+グラスネイル(爪補強)で爪を完全に保護します。

その場合、気をつけなければならないことがあります。
それは、ご自身の爪に負担がかからないことです。
爪を補強することで爪を傷めてしまうようではよくありません。

弱い爪のネイルケアは、元々弱いがために
普通に硬さのある爪の人よりも注意が必要になります。