ご自身の爪が割れないように欠けないために

グラスネイルはギターを演奏されるギタリストの方々にもご利用頂いております。

爪を補強する一番の理由は「自分の爪が割れたり欠けたりしないために」です。

ご自身の爪が丈夫で健康であってもスティール弦の場合は演奏の度に爪が削れてしまいます。

グラスネイル(爪補強)は削れても補修・修繕ができますが、ご自身の爪が削れてしまうのは悲しいことです。

演奏の仕方や爪質や弦の種類でも個人差がありますので一概には言えませんが、

爪を気にしながら演奏するのと、気にせずに思いっきり演奏するのは大きな違いがあるとのことです。

グラスネイルで爪自体をしっかりと保護補強して、ギターを楽しんで頂きたいと思います。