爪が割れる対策その4 ~手のしぐさを意識する~

昨日のブログで、ハンドクリームについて書きましたが、
おひじまで伸ばす場合は、ハンド&ボディローションが適しています。
伸びがいいので広範囲に使用する場合にはローションが良いです。

それから腕に伸ばすときは、
手首~おひじ
手に伸ばすときは
手首~手甲~指先、となります。
ご参考ください。

さて。

今日は手美人になれるお話しをしたいと思います。
手美人と爪が割れる関連って・・・あるのでしょうか?
と、聞かれてしまいそうですが、

答えは、おおいにあります。

皆様は

『貴方の手は相当見られている』ことに、気が付いていらっしゃいますか?

“目は口ほどにモノを言う”と言いいますが、
“手も相当口ほどにモノを言う”と、私は思っています。
手は、人柄や性格、生活環境、体質、年齢が如実に表れている部分です。
性格に関しては、占い師ではありませんので深くはわかりませんが
多少は推察できるんじゃないかと思っています。
年齢に関しても、手はかなりはっきり年代がわかる部位です。
口では年齢をごまかせても、ごまかしが効かないのが“手”なんです。


ですが、これをカバーする方法があります。
そのひとつが、手のしぐさ になります。

今日からのお約束です。

手は、優雅に動かしましょう。

例えば。

モノを掴むときに、 ワシッと掴まないように心掛けます。
ワシッと掴まずに、スッと掴むように心掛けます。

その時には爪を立てないようにして、指の腹で掴むようにします。
例えば、グラスを持つとき、指の腹でグラスを持つような気持ちで手を使います。
そして反対の手は軽く添えるようにします。

そうすると何が起こるかと言いますと、動作がゆったりになります。
そのゆったりとした動作が、優雅に素敵な雰囲気を生み出します。
不思議なようですが本当なのです。

昔から、いつもカラーポリッシュ塗りたての爪で作業するイメージが綺麗な仕草です
と言われているように、
塗りたての爪に傷をつけたくないですよね。
その気持ちで、できるだけ爪を乱暴に扱わずにぶつけないように心掛けることです。
心掛けるだけでかなりの違いが生まれます。

もうおわかりですね、優雅な動きと爪割れの関連性。
優雅な手の動きは、爪にかかる負担を極端に減らしてくれます。
よく、ぶつけて爪が割れてしまった..とおっしゃる方が多いのですが、
ゆったりとした動作でいると、手や爪をぶつける確率も格段に減るのです。

せっかちな雰囲気は、周囲の人に対して「落ち着かない印象」を与えます。
しかし手の動きがゆっくり丁寧なだけで、「お上品な人」という印象を与えてくれるのです。

手の動きひとつで雰囲気が変わる楽しさ、皆様にぜひ味わって頂きたいです。

手、或いは爪は、メンタルに大きく影響するものです。
メンタルが華やぎ女性らしい雰囲気が漂う手が綺麗な人って・・素敵ですよね。

普段の生活で自分でできる爪割れ防止対策は、
あなたの雰囲気を上品に魅せてくれる相乗効果もあるのです。