2018年08月のアーカイブ一覧です。

機械に挟んだ爪

左の親指を機械に挟んでしまったお客様にご来店いただきました。
凸凹が治らず、皮膚科で診てもらったこともあるそうで、診察結果は「ネイルマトリクス(爪の作られているところ)が損傷している場合は、凸凹が治ることは難しい」と言われたそうです。
▼初回ご来店時

▼二ヶ月経過後、グラスネイルを外して自爪の写真を撮影してみました。
一番凸凹していた箇所が爪先端に移行しており、根元からは健康な爪が伸びてきています。











まだ二か月しか経過していませんので、凸凹はなくなっていませんが、爪が健康に伸びてきており、凸凹とお別れする日が確実となってきた様子です。このまま綺麗な状態になるのであれば、ネイルマトリクスは損傷していなかったということですね。楽しみにケアしていきましょうね。